2007年09月10日

「コミックREX」2007年10月号

武梨えり「かんなぎ」
 曰くありげな幼女みゅうと、その正体を探ることに躍起になるざんげちゃん。微妙に何か隠しているっぽい汐見市の人々の中で、やっぱりのほほんとしている一行。「ワダツミの岩戸」なる場所に呼び出されたざんげちゃんと仁ですが――
 シリアスと脱力が混じり合う展開がまた微妙にこの作品らしいなあ、と。
 みゅうの呼び出しの文章のアンバランスっぷりがステキだと思いました。

高遠るい「シンシア ザ ミッション」
 謎の格闘家ノワールX、いざリングへ! と思ったら突然現れたコワい人にやられてしまいました。脳みそ飛び散ってます。
 この無茶っぷりとグロ描写がこの作品の持ち味でありましょう。
 いやまあ、好き嫌い分かれると思いますが。

小竹田貴弘「怪異いかさま博覧亭」
 若かりし頃の榊と、四ツ目屋(大人のおもちゃ屋)を営む杉忠のエピソード。今回は「むじな」が題材。妖怪をとらえて薬にする杉忠と、その場面に立ち会った榊。かつての榊の行動が杉忠に今日まで影響を与えておりました、という。二人の素直じゃない友情関係っていいなあ、と。

染谷カイコ「かみあり」
 前に読みきりとして掲載された作品の続き。
 神さまの集まる出雲で、関西からやってきた少女・サチが神さま相手にツッコミを入れるコメディ。
 今回登場の神さまはビリケンさんと、弁財天。
 縁切りの神としての弁財天を、夫より仕事が出来るキャリアウーマン風にアレンジして描いており、ハイテンションな弁天と、べたべたなツッコミを入れるサチの掛け合いが楽しい。オチのバカバカしさも好き。
 これは是非とも連載化して欲しいなあ。

月刊 Comic REX (コミックレックス) 2007年 10月号 [雑誌]月刊 Comic REX (コミックレックス) 2007年 10月号 [雑誌]

一迅社 2007-09-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。