2007年08月29日

久正人『ジャバウォッキー』3巻

 生まれたばかりの毛沢東に対して企てられた暗殺計画、トロイ発掘のシュリーマンが発見した聖書盗作の証拠となる遺物。歴史の影に生き続ける恐竜人間達の物語に、女スパイ リリー・アプリコットとオヴィラプトルの恐竜人間 サバタ・ヴァンクリフのコンビが挑む第3巻。

 陰影の強い対比で描かれた独特の画面、洒落っ気のある映画的台詞回し、そしてハッタリの効いた物語。
 うーん、やはりカッコイイですなあ。
 未来に多くの死をもたらすことが預言された赤ん坊に対して下された暗殺指令。
 聖書の正当性と起源を揺るがす発掘された物語。
 それらと在るはずのない恐竜人間達が絡み合った素晴らしく魅力的な嘘であります。

 漢民族の王朝を影で支えて来た立場にありながら、清朝の支配下で暗殺者に落ちぶれたミクロラプトルの女王。彼女が取った手段とその報いの結末。「造反有理」のスローガンがなかなか効果的に物語を締めます。

 出来レースのトロイ遺跡発見の影に隠された「アダムの肋骨」を巡って、人間に戦争を仕掛けようとする恐竜人間達とそれを阻止しようとする「イフの城」サバタ&リリーのコンビ。
 因縁のアロサウルス・ジャンゴとの対決、そして動き出した恐竜人間達を止められるのか?!

 うーん、実にエンターテイメントしていて素晴らしい。
 未読の方は是非。

 1・2巻感想


ジャバウォッキー 3 (3) (マガジンZコミックス)ジャバウォッキー 3 (3) (マガジンZコミックス)
久 正人

講談社 2007-08-23
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 03:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読みました!もう私リリー&サバタの大ファンです!
今作は打ち切りとならずに完結して欲しいですね。早く4巻出ないかなあ。
Posted by きなこっこ at 2007年09月30日 23:06
格好いいですよねぇ、このコンビ。
キマっているようでいて、サバタがたまに見せるお茶目さがまたステキで。

各エピソードで登場する歴史上の人物達も、また良い具合にハッタリが効いていて。

私も4巻が非常に楽しみであります。
Posted by 凡鳥 at 2007年10月01日 01:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53098560

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。