2007年08月25日

タイム涼介『あしたの弱音』

 昨日取り上げた『アベックパンチ』の前に著者が「コミックビーム」で連載していた作品。
 最初はヘタレたツッパリ中学生の主人公・弱音を、女教師・三子が煽るという形繰り広げられるドタバタギャグ漫画だったのが、いつの間にやら弱音が成長し「人生」の悲哀とほんのちょっとの希望を感じさせる青春漫画へと奇跡の変貌を遂げた作品。
 この単行本では弱音が成長して青春作品へと変貌していく後半のみを収録。
 具体的には弱音がチョンマゲ頭になった第32回から収録。

 中学校の屋上に住み着き、自給自足の生活を送る弱音。
 未来の見えないまま友人達と馬鹿をやらかしたり、性欲に悶々としたり、住処を守るために戦ったり。
 青春のただ中を駆け抜ける弱音が口にするシニカルでどこか滑稽味を帯びた自信について言葉は「アベックパンチ」に通じるリリシズムが横溢しております。

 馬鹿で無茶苦茶な行動をする弱音達。しかし、その生きることに対する真摯さがギャグのばかばかしさと青春物語としての清涼感を素晴らしいバランスでつなげております。

 最初はちんちくりんだった弱音も、物語の終わりにはチョンマゲ頭のままでも、傷だらけでも、りりしい姿に。それもこの作品が辿った軌跡を象徴していていいなあ、と単行本で通して読むとしみじみ思います。

 
あしたの弱音 (BEAM COMIX)あしたの弱音 (BEAM COMIX)
タイム 涼介

エンターブレイン 2007-08-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

( 青春作品 )についての最新のブログのリンク集
Excerpt: 青春作品に関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると…
Weblog: クチコミコミュニケーション
Tracked: 2007-11-23 07:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。