2007年08月04日

石黒正数『Present for me 石黒正数短編集』

 「それ町」の石黒正数のデビュー作や「コミックフラッパー」に掲載された作品を収めた短編集。

 孤島の超能力研究所に集められた少年少女が、研究所の崩壊によりサバイバル? を開始する「ススメ サイキック少年団」

 動けなくなったロボットと少女の出会いを描いた「Present for me」

 リストラおやじが唯一の特技である投げ縄を活かし、ヒーローとして活躍? する「なげなわマン」

 「人類滅亡」をテーマに放送部の面々が自分たちの作品の構想を語り合う「カウント ダウン」

 人間界に修行に来て主人公の家に居候する魔女、しかし彼女はブスだった!  しかも使い魔はビッグフットだった! という「バーバラ」

 珍妙なヘルメットばかりを作るオヤジとそれを買ってしまったお姉ちゃんの交流を描く「泰造のヘルメット」

 悪の組織が解散してしまって戦う相手がいなくなった正義のヒーローと、路頭に迷った元悪の幹部出会いを描いたデビュー作「ヒーロー」

 以上の7編を収録。
 表題作「Present for me」のような所謂「いい話」もありますが基本的にはギャグを多分に含みつつ、それぞれの作品で試行錯誤を重ねている、という印象。無造作に見えて実はテクニカルに仕組んだ笑い、というこの辺のセンスが磨かれて「それ町」に繋がって行っているのですなあ。

 個人的には「なげなわマン」のヒドくて大変下らないオチに吹き出してしまいました。なげなわマンのクドい風貌と相まって大変にばかばかしくてステキです。この一発ネタだけで話を一本書いてしまうか、という。
 「泰造のヘルメット」の次々と繰り出されるギミックのバカバカしさも楽しい。

 そしてデビュー作「ヒーロー」の四季賞らしい青臭さも、それはそれでまた趣深いものが。
 「それ町」に繋がる遺伝子を持ちつつまた違った石黒正数の作風も楽しめる、という点でファンなら読んでおいて損はないかと。

PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)PRESENT FOR ME石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス)
石黒 正数

少年画報社 2007-08-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。