2007年07月31日

きづきあきら+サトウナンキ『いちごの学校』

 元教師の壱吾と、元生徒のくるみの夫婦と、二人の間に生まれた赤ん坊のアオ。
 壱吾とくるみのラブラブで幸せな新婚生活が描かれるかと思いきや、きづきあきら+サトウナンキのコンビの作品でありますのでそう甘くはないのでありました。

 教え子であるくるみと関係を持ち、彼女を妊娠させて教職を辞した壱吾。くるみもまた学校を辞めて壱吾と一緒になることを選んだわけですが――その選択がなされたことによって壊れてしまった関係・スポイルされた可能性というものもあるわけで、物語はそこを突いてきます。
 甘い生活と、この苦さの対比がきづき+サトウ節というべきでありましょう。

 壱吾の社会的立場・家族関係、くるみの人間関係、そして普通の学生として生きていくというくるみの未来。それらを捨ててまでくるみが選んだ選択。
 子供も生まれて幸せで甘い時間を過ごしている中で、おまえ自身は幸せなのかという壱吾の問いに対して、底知れぬ昏さを湛えた眼差しを送るくるみ。

 愛している、だけでは済まされない問題を抱えつつ生きていく三人。
 壱吾だけが責めを負うべき話では無いとも感じますし、その選択が正しかったのかどうかも分からない。
 しかし、それでも選択の結果としての現在を生きていかなければならない者達の人生というものを考えさせられてしまう結末でありました。

いちごの学校 (ヤングキングコミックス)いちごの学校 (ヤングキングコミックス)
きづき あきら サトウ ナンキ

少年画報社 2007-07-30
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 03:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49790854

この記事へのトラックバック

きづきあきら「いちごの学校」 文学からの引用は安易な実験?
Excerpt: いちごの学校 (ヤングキングコミックス)posted with amazlet ...
Weblog: John's Notes
Tracked: 2008-04-24 22:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。