2007年03月26日

原作:富野由悠季 作画:中村嘉宏『オーバーマン キングゲイナー』6巻

 ミイヤの遺した古のオーバーマン・ブリュンヒルデとの出会いと別れ、シンシアVSロンドンIMA、エクソダスに関わるゲインとゲイナーの過去、そしてシベ鉄運行部長・カシマル=バーレ登場の第6巻。

 いやー、アニメが終わってからだいぶ経ちますが、やっぱりキンゲは面白かったなあ、と。
 サディスティックにアスハムのゴレームをいたぶるシンシアのドミネーター。あの軟体オーバーマンの驚異の動きが、漫画でもしっかりと感じられて素晴らしい。いやあ、もう一回見たくなりました、あの動きを。
 アニメより尺が自由な分、ゲインの過去、ゲイナーの過去に対する言及も細かい部分に触れております。

 あと、ケジナンとエンゲのアホ面が相変わらずポイント高い。この人達の顔芸は素晴らしいなあ。

オーバーマンキングゲイナー 6 (6)オーバーマンキングゲイナー 6 (6)
富野 由悠季 中村 嘉宏

メディアファクトリー 2007-03-23
売り上げランキング : 201

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36866974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。