2007年02月27日

幸村誠『ヴィンランド・サガ』(4)

アシェラッドの出自が判明したり、クヌート王子の箱入りっぷりが発揮される4巻。

 世界史の時間にクヌートって名前は確かに習った覚えがあるなあ、でも事跡はあんまり覚えていないなあ、とかそんなおぼろげな知識しかない私なので、この作品の含むフィクションの割合がどんなもんだか実は分かっていなかったりするわけですが。
 ともかくも、この何とも頼りない王子様がどうやって偉大な王(参考:wikipedia クヌーズ1世)へと成長していくのでありましょうか。

 そして、アシェラッドの出自も驚き。
 「デーン人は嫌いだ」と言い放たせた彼の出自が今後の物語に大きく影響を与えそうです。

ヴィンランド・サガ 4 (4)ヴィンランド・サガ 4 (4)
幸村 誠

講談社 2007-02-23
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。