2007年02月01日

「ヤングキングアワーズ」2007年3月号

貴島煉瓦「特務戦隊伊吹」
 貴島煉瓦の可愛らしい絵で描かれる異能力バトル物。能力を使って自らの存在を世間から隠し、静かに生きようとする少女と、能力を使って戦いに身を投じ、人々を守ろうとする部隊の人間の出会いから開始。ただ、特に目新しさは無い印象。

石黒正数「それでも町は廻っている」
 久々に森秋先生と歩鳥の対決。歩鳥に説教しようとする先生。しかし、高さ調節がバカになってしまった椅子がどれだか分からない! 座ったらガクン、となってしまう! 教師の威厳をかけたそんなトリビアルなロシアンルーレット。
 それにしても化粧水と間違えて顔に育毛剤を塗ってしまう歩鳥のアホの子具合は全く以て愛おしい。

水上悟志「ぴよぴよ」
 黒猫の騎士初登場。それだけでなく一気に鶏の騎士と亀の騎士まで登場し、一気に騎士が勢揃い。のほほんタイプと元気娘タイプ、お子様騎士の二人が可愛らしい。しかしカジキマグロの騎士って。

二宮ヒカル「絶滅寸前」
 元ヤンの心太郎君とミツコさんの寝物語、なぜか人類滅亡の終末感溢れる世界で生き残った男と、種の保存のためにあてがわれた女の話に。フィクションにお互いの気持ちが混じりあってくる様が何とも二宮ひかるらしいというか。

長谷川哲也「ナポレオン」
 ついにフランス軍がデゴを奪還。
 「マッセナは奪うのだ 返却など受け付けん!」とか実に振るっているなあ!!
 戦勝でご馳走を食う兵士達から外れ、ランヌと一緒に虫を食うナポレオンの描写なども実に面白い。

posted by 凡鳥 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。