2007年01月31日

群青『しましま』

「しましま」と呼ばれる妖怪が人間達と暮らす町で、そのしましま相手に土産物を売っている大葉屋。
 その大葉屋に暮らす、本人はしましまが大嫌いなのに相手からは好かれてしまう次男(つぎお)。彼を主人公として、しましま神が眠る山の麓を舞台に、大葉屋の人々としましま達が紡ぐ物語。

 次男普段はおっとりしているけれども弟のこととなると人が変わる長男、好奇心の塊で怖い物知らずの女の子みっちゃん、しましま神と関わりの深い女性と同じ名前を持つ祝子、そして多彩な性格と姿を持つしましま達。
 登場キャラクタ達は皆個性的で良く動きます。特にのりちゃんの子供らしい好奇心で動きまくる様が愉快。

 喪った過去の体験からしましまが大嫌いな次男。しましま達との交流を通じて、その喪われた過去を思い出し、過去の蟠り解消していく様を描きます。

 ただ、投げっぱなしになってしまっている伏線や設定がいくつもるので、ストーリー的には若干消化不良の印象も。ちょっと惜しいなあ。

しましましましま
群青

一迅社 2007-01-25
売り上げランキング : 10007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 凡鳥 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。