2007年01月24日

山田芳裕『へうげもの』(4)

 天下は信長から、秀吉の手に。
 それに伴って、左吉は遂に「織部」の官職を手に入れ「数寄の天下取り」を宣言するのでありました。

 いやあ、面白い。相変わらず、なんと面白い作品でありましょうか。
 天下の趨勢が移り変わり、侘びに目覚めた左吉。
 かつての己の名物好み一辺倒を顧みて赤面する様や、己の妻の乳首をモチーフに焼き物を作らせたり、「織部」を「OLIVE」から採るなど、いちいち素晴らしい。
 そして今回も冴え渡る顔芸。

 織部以外の登場人物たちの描写も振るっております。
 己の美意識のため帝の毒殺すら口にする千宗易。
 眉すら無いのぺえっとした顔の三成。
 権力のために己の人間性をねじ伏せようとする秀吉。
 その解釈の大胆さと自由さには舌を巻くばかり。

 「OLIVE」=「織部」の名を手に入れ、いよいよその数寄に磨きをかけ、美を追いかける立場から、己の美を創り出して行く立場になった織部。今後の彼を、そして歴史をどのように描いていくかが楽しみでなりません。

へうげもの 4 (4)へうげもの 4 (4)
山田 芳裕

講談社 2007-01-23
売り上げランキング : 110

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31997932

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。