2006年10月26日

きづきあきら+サトウナンキ『メイド諸君!』 (1)

 関西から東京にやってきたばかりで世間知らずの少女・千代子が、なりゆきからメイド喫茶で働くことになり、慣れない世界で戸惑いながらも、次第にその仕事の魅力に気付いて行く、というお話。

 色々とネタにされやすいメイド喫茶ですが、本作は単女の子の可愛さで押す単なるメイド萌え漫画でもなければ、興味本位で面白可笑しくとりあげたものでもなく、サービス業に携わる者としてのメイド喫茶の従業員を描いております。

 主人公・チョコ(千代子)の周囲の先輩メイド達は一癖も二癖もあり、彼女達の人間関係の機微。ちょっと黒さがある人間関係描かせると本当に巧いなあ。ぱみるの蜂矢にたいする発言とか。
 何だか曰くありそうな灰音さんとあるみの関係もとても気になります。

 しかし、この人の描くカリカチュアライズされたキャラクターというのが、気になる人は気になりそうな気もします。
 個人的には、常連の「みゃおみゃおワッフル」の人の自己で定めた規律を遵守しようとするおたく的気質とか、誇張されてはいるけれど、鋭く見てるなあ、という印象です。

メイド諸君! (1)メイド諸君! (1)
きづき あきら サトウ ナンキ

ワニブックス 2006-10-25
売り上げランキング : 345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26201200

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。