2006年05月31日

大槻ケンヂ 『ロコ! 思うままに』

 何だか久しぶりな気がする大槻ケンヂの短編集。

 ホラーハウスに閉じこめられ虐待を受ける少年と、出逢った少女の物語「ロコ! 思うままに」
 妻子を失った男と、ぬいぐるみの愛の交流を描く「モモの愛が綿いっぱい」
 アナザー「ロッキン・ホース・バレリーナ」とでも言うべき、ロック少年達のツアーと追っかけの女の子を描いた「ドクター・マーチン・レッド・ブーツ」
 明智小五郎の妻、文代から乱歩へ充てた手紙が乱歩世界を照射する異説乱歩というべき「怪人明智文代」
 少女達の青春の一ページに記録された異形のマスコット「キテーちゃん」
 少女ゾンビと再殺愚連隊が織りなすもう一つのステーシー物語「ステーシー異聞 ゾンビ・リバー」
 ロック歌手であり雑文書きである男と、成りたいものは自身の妹と語ったB級グラビアアイドル邂逅を描く「アイドル」
 伏龍特攻隊の少年が潜んだ海底。そこで少年が出逢ったモノとは――「イマジン特攻隊」
 少女との約束を果たすため走る少年。彼が乗り込んだバスの中には――「天国のロックバス ロコ! もう一度思うままに」

 以上9編を収録。

 UFOあり、乱歩あり、過去の作品と世界を共有する作品有り、自伝的要素を含んだ作品ありでオーケンテイストのぎゅっと詰まった短編集となっております。そしてそれぞれの作品に通底するボンクラとダメ人間への愛惜。

 どれもオーケン作品の味わいが強くて素晴らしいのですが、個人的には、UFOの蘊蓄と愛を詰め込みながら、哀しみを乗り越える大きな愛の物語として完成している「モモの愛が綿いっぱい」、乱歩作品を大胆に新解釈して見せた「怪人明智文代」、疾走する青春とロック「天国のロックバス」の出来が特に素晴らしい。

 オーケン自身はダメ人間出身の成功者として、最早ダメ人間では無いわけですけれども、この視点で小説を書ける作家、書いて読者に受け入れられる作家は他にそうそう居ますまい。


ロコ! 思うままにロコ! 思うままに
大槻 ケンヂ

光文社 2006-05-20
売り上げランキング : 2196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 20:46| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凡鳥さん、はじめまして。
JOBLOG(ジョブログ)事務局の高橋と申します。
初めての書き込み失礼いたします。

今回は、凡鳥さんのブログに、ぜひJOBLOGに
参加していただきたくコメントさせていただきました。

JOBLOGは、ブログから企業の求人情報を発信し
ブロガーさんには掲載していただくだけで報酬を
お支払いする、というシステムです。
ブログが人材と企業を結ぶ架け橋になる
今までにはないタイプの求人情報メディアです。

誠に勝手ではございますが、ご参加いただければ幸いです。
もしご興味がございましたら、詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.joblog.jp/blogger/

突然の書き込み、大変申し訳ございません。
お邪魔でしたら削除していただければと思います。

どうぞよろしくお願いします!
Posted by 高橋 at 2006年05月31日 21:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【大徳寺 納豆】大徳寺納豆は伝統ある一品
Excerpt: 大徳寺納豆は、伝統的な『寺納豆』の一つで、「常温で半年以上保存できる」「イソフラボンが豊富で健康的」として最近再び注目を集めています。 また、アミノ酸が豊富で健康的、なおかつうまみ成分が豊富でおいし..
Weblog: 【大徳寺 納豆】大徳寺納豆は伝統ある一品
Tracked: 2006-10-29 22:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。