2006年05月21日

平山夢明 『日々狂々、怪談日和。』

 『「超」怖い話』のシリーズでお馴染み、かつ、先日短編部門で推理作家協会賞を受賞した平山夢明のネット上で公開された日記をまとめた作品。

 怪談やら狂気の収集に携わる著者の身辺に起こる様々な怪異――というか奇天烈な出来事を記述しているはずなのに、その文章はまるで幻想文学のような調子を帯びてきております。
 まあ、描かれている出来事は著者にとっての事実であって、必ずしもこの世の事実ばかりとは限らないわけですが。
 それにしても、出くわしたキ○ガイや事件に対する著者の反応は淡々としておりながら、大変に素晴らしいの一言に尽きます。普通の人間だと、ああは言えねえですよ。

 散見される「平山先生、大丈夫ですか?!」と呼びかけたくなるような文章やイラストも大変にステキです。

 『「超」怖い話』シリーズや『東京伝説』シリーズとはまた違った感じの狂気みたいなものが滲み出ております。


photo
日々狂々、怪談日和。―「超」怖ドキミオン
平山 夢明
竹書房 2005-06

by G-Tools , 2006/05/21


posted by 凡鳥 at 21:45| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
は・・はじめまして・・!
コメント初めてできんしょーします・・っ!
Posted by ☆aine☆ at 2006年05月22日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。