2007年10月06日

引っ越し

 というわけで。
 前に申しておりました引っ越しの準備が整いました。

 引っ越し先は→こちら

 タイトルは変えましたが、中身は変わらないので、どうか皆さん今後ともよろしうに。
posted by 凡鳥 at 16:52| Comment(30) | TrackBack(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

Flexcomixブラッド1005

 風邪引きました。しばらく前から目がしょぼしょぼしたり、体がダルかったりといった症状があったのですが、風邪だったとは。
 早退して医者に行ったら「君、良くこんな状態で出歩けたものだね」と言われました。
 今は薬のおかげで辛うじて動いております。しんどいですが。

 それはそれとして。

・山崎毅宜「白球少女」4発目 ギプス
 野球野球と迫ってくる部員達についにキレた円。
 彼女が野球嫌いに至る過去の片鱗が垣間見えたり。
 4話目にしてちょっとシリアスなエピソードとなっておりますが、キャラクターのリアクションがやっぱり微妙におバカで楽しい。
 そしてラストのコマで登場したのは――?!
 「野球」を物語の核に据えつつ、「野球漫画」からどんどん遠ざかっていく様子が大変に素晴らしい。
 11月発売予定の単行本は要チェック!


・カトウハルアキ「ヒャッコ」16コメ 虎狐で会ったが百年目
 柳と独楽の写真コンビによる「生写真撮影会(非公式)」に紛れ込んできた突拍子もない行動を見せる男・狐。
 虎子の写真を巡って一悶着あった後、衝撃の展開が――!

 ええっ! そんな展開が! 虎子に!
 という。
 それにしても新キャラの狐センパイは一筋縄ではいかなそう。
 突然歩巳のスカートめくって「冗談冗談」で済ますとは。

 それにしても歩巳は良く無造作にスカートをめくられる娘だなあ。
 単行本1巻でも子々にめくられていたし。(83P参照)
 あ、だから「再び」ピラなのか。

 そして純愛と欲望に分裂する獅子丸センパイの反応もまた愉快。
 この作品は本当にみんなキャラが立っててステキです。

 こちらも11月に単行本2巻が。今から楽しみです。
posted by 凡鳥 at 22:51| Comment(12) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

R-Ex『GUNNER QUEEN 復讐の女王陛下』1巻

 国を逐われ、復讐の旅を続ける王女リュシィ。お供の女剣士・ミスエとの復讐の旅路に差し向けられる刺客達。
 魔法の存在する世界で禁忌とされた「銃」を使って戦う王女のお色気ありのアクション。

 高貴な生まれなのに、三白眼で目つきが悪くて、不敵でエロかっこいいリュシイがステキ。
 アクションも華があって「とりあえず気の強いお姉ちゃんの寸止めエロを見せるのための前座」の位置づけには止まらず、きちんと魅せてくれます。
 腕を切り飛ばされたり、脳味噌出ちゃったりというバイオレンスなハードさと、エロ度の高さを除けば、「電撃大王」とかに載っていても全く違和感が無いなあ、とかそんな印象。

 悪党に嬲られるシーンももちろんエロっちいですが、温泉に入る際に、熱いか熱くないかで気を張り詰める猫肌のリュシイの描写が実に艶めかく感じます。

 「ヴァルキリーコミックス」の最大の目的である「戦うオネーチャンのお色気」は満たしつつも、魔法が幅を効かせている世界で迫害される科学、という設定とか、アクションと絵の艶で、も一つ上の漫画的面白さにまで届いている感じがあって好印象であります。「ヴァルキリー」の連載の中では一番面白いかも。

 しかしリュシィは作中できちんと「王女」と呼ばれているのに、なぜタイトルは「女王」なのかしら。即位していないから王女だよなあ、とか気になります。

GUNNER QUEEN 1―復讐の女王陛下 (1) (ヴァルキリーコミックス)GUNNER QUEEN 1―復讐の女王陛下 (1) (ヴァルキリーコミックス)
R-Ex

キルタイムコミュニケーション 2007-09-28
売り上げランキング : 633

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 02:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

10月新刊購入予定

えー、疲労気味の月末は次月の購入リスト更新でお茶を濁すということで……。
 例によってざっと拾っただけなので抜け等あるとは思うのですが、こんな感じで。(サイドバー下方参照)

 うーむ。9月よりも更に購入点数が減ってます。
 10〜18日が空欄というのに我ながらびっくりです。こんなんでいいのかしら。きっと何か見つけてその間にも買うとは思うのですが。

 1巻目となる作品で注目は、アニメとはまた違った味わいの『大江戸ロケット』、スレンダーなキャラの可愛さなら東雲版にも負けない『キミキス スウィートリップス』、女の子の照れっぷりがかわいい『あっちこっち』、辺りでしょうか。

 続刊ものとしては『極道めし』とか『ベクター・ケースファイル』とか『ヨルムンガンド』とか。
 『ヨルムンガンド』はこんなにも面白いのに認知度がいまいち低いような気もします。やはり『ブラックラグーン』の陰に隠れちゃってるのかしら。

 とまあ、こんな感じで。
 新刊買ってない日は九月購入分で未紹介作品の消化でもしてきますかね。『盆堀さん』とか久々に新刊出た『カルドセプト』とか。
posted by 凡鳥 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。