2007年04月30日

作:武論尊 画:池上遼一『覇−LORD−』8巻

 全く先が読めない、今最も狂っている三国志漫画第8巻。
 ついに献帝を擁した董卓。袁紹を盟主として結成される反董卓連合。そして天下無双の猛将呂布。

 と、我々が良っく知っている筋立てなのですが――明らかにおかしい。我々の想像を超えた展開てんこ盛り。

 出陣した呂布がいきなり劉備ら三兄弟に捕らえられてしまったり、貂蝉の色仕掛けが董卓に全く通用していなかったりと我々が親しんでいる三国志の物語を大きく逸脱しております。
 そして華雄までもが倭人だったという驚愕の新事実! えええっ!?
 華雄と孫堅がマブダチだったという設定だけでも大変な物がありますが、この設定の前には全てが吹っ飛びます。
 それにしても日本から流れ着いて西涼に行き着くって一体どういう旅してるんですか華雄さん。

 いやもう毎回毎回に凄まじいサプライズが用意されている『覇−LORD−』。次は一体どんな展開が用意されているのか全く予想も付きません。

覇-LORD 8 (8)覇-LORD 8 (8)
武論尊 池上 遼一

小学館 2007-04-27
売り上げランキング : 433

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

藤田和日郎『邪眼は月輪に飛ぶ』

 その目に見られたものは全て死ぬという「邪眼」のフクロウ。
 対するは13年前にそのフクロウと向かい合い、一度は撃ち落とした老猟師・鵜平。
 「邪眼」によって死の街と化した東京。
 これは魔物と老猟師の命を賭けた戦いの物語。

 13年前、止めを刺される前に米軍に回収された邪眼のフクロウ。
 「ミネルヴァ」と名付けられたそれは、米空母の座礁により再び空へ舞い上がる。
 ミネルヴァの視線によって東京にもたらされる大量の死。
 自衛隊も、米軍も圧倒的な死を振りまく「邪眼」の前には全く歯が立たない。
 そして米軍の要請を受けて再び銃を手にした鵜平。
 彼の義理の娘・輪、CIAエージェントのケビン、デルタフォース隊員のマイクらの協力を得て、今度こそミネルヴァを「サジナワセ」るために旧式の村田銃一丁だけを手に魔物に立ち向かう。

 『うしおととら』『からくりサーカス』の藤田和日郎が、「ビッグコミックスピリッツ」で連載したバトルロマン。

 13年前の戦いで妻を喪いながら、その仇敵に止めをさせなかった鵜平。
 母を戦いに引きずり出した男として、鵜平を許せない輪。
 重大な秘密と消せない過去と背負ったケビン。
 たった一羽の鳥にデルタフォースの仲間と誇りを奪われたマイク。

 それぞれが抱えた事情・思惑が、命を賭けた戦いの中で「打倒ミネルヴァ」の下、一つにまとまっていく様がヒューマンドラマとしても熱いのです。特に、わだかまりを抱えた鵜平・輪の親子関係が解消されていく様子は、どうしようもなく不器用な父親と、その父親の真意を知った娘といった形で、王道でありながら熱く胸を打ちます。

 そして「見ただけで相手が死ぬ」という圧倒的な能力に加えて、殺気を感じ取りそれに反応することができるというミネルヴァをどうやって撃ち落とすかという点も素晴らしく物語を引っ張っております。
 世界一流のスナイパー達の六方からの同時長距離射撃さえも返り討ちにしてしまうミネルヴァの能力。
 老猟師の村田銃一丁で一体それをどうするというのか。その戦いに最後まで目が離せ亜ません。

 また、鵜平とミネルヴァの関係がいい。山に住むものとして獲物に人間同等の敬意を払う猟師の生き方。
 妻を殺されたものの、それとは全く別に一つの命と命という対等な関係で戦いに臨む鵜平。
 同族さえも視れば殺してしまうことになるミネルヴァが抱える孤独と、命を奪うことでしか生きられない者という互いの似通った境遇が熱い戦いの中で哀しみを帯びて語られます。

 1巻完結ですが、その短い中で大破壊のカタルシス、戦いの緊張感、男の生き様の熱さ、命の物語の哀しさなどいろいろな要素が密に詰まった作品。
 ミネルヴァと鵜平、13年越しの決着のシーンには鳥肌が立ちました。

邪眼は月輪に飛ぶ邪眼は月輪に飛ぶ
藤田 和日郎

小学館 2007-04-27
売り上げランキング : 28

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 凡鳥 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若杉公徳『デトロイト・メタル・シティ』3巻

 3巻になっても益々さえ渡るクラウザーさん節。
 2巻で死闘を演じたジャック・イル・ダークの娘を心酔させ、カミュさんと宇宙を賭けて争い、子犬といえども容赦せずにフェラをさせ、大勢の女性信者の目前で空気さえもレイプしてみせるなど、魔王の名にふさわしい兇悪さ。
 そして、ついに始まったデスメタルの祭典「サタニックエンペラー」に参加し、並み居る強豪たちにDMCの洗礼をあたえるのでありました。

 いやー、もうすっかり定型の完成されたギャグとなりましたクラウザーさんの意図と反する周囲の過剰な誤解。「クラウザーさんが○○だー!」「おおー!」と本人置いてけぼりで暴走していくファンの皆さんが大変にバカらしくてステキ。「代官山オシャレファック」「エアレイプ」などの言語感覚がまたイカしております。

 そして「天下一デスメタル武闘会」の様相を呈しているサタニックエンペラーでの死闘。
 フランスのメタルバンド「ポアゾン」とのM男対決、女性だけの「パイパニックチェーンソー」をセクハラで沈めるなど、その戦いがもうどこまでもバカっぽくて―――いや、熾烈極まっており、DMCの恐ろしさを痛感します。

 それにしても女性店員に対して「アワビをくれ」と要求し続けていたり、女性バンド相手に平然と猥褻行為をかますなど静か、しかし凄まじい存在感を示しているカミュさんがおそろしい。

デトロイト・メタル・シティ 3 (3)デトロイト・メタル・シティ 3 (3)
若杉 公徳

白泉社 2007-04-27
売り上げランキング : 5

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 05:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勇人『はなまる幼稚園』1巻

 「つっちー」こと幼稚園の土田先生と、その土田先生のことが大好きな杏ちゃん。
 友達のクールな柊ちゃんや、無垢な小梅ちゃん、そして土田先生憧れの人である山本先生。
 そんなキャラクター達が心和ませる「ヤングガンガン」連載中の幼稚園コメディ。

 なんと言っても杏をはじめとして子供達が可愛らしい。
 つっちーつっちーと土田先生の気を惹こうと一人前のつもりでアタックする杏。
 大人の女性である山本先生を恋敵として一生懸命背伸びしてみても、でもやっぱり幼稚園児なので、という至らなさがまた可愛らしい。
 子供らしい素直さと、背伸びしている様子の塩梅が絶妙。

 それにしても、要所要所でいい話っぽく杏のことを受け入れてやる土田先生ですが、基本的にはテキトーなあしらいで終わらせている辺りがヒドくてステキだと思います。乙女の純情をなんて軽くあしらっているんだ!

はなまる幼稚園 1 (1)はなまる幼稚園 1 (1)
勇人

スクウェア・エニックス 2007-04-25
売り上げランキング : 82

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

未影『イチロー!』1巻

 イチロー、と言っても野球のすごい人の事ではなく。
 話は大学受験失敗から始まるのです。イチロー即ち一浪。
 女の子ゆるゆるとした浪人生ライフを描いた4コマ漫画であります。
 「まんがタイムきららMAX」「まんがタイムきららキャラット」連載。

 しっかり者というか所帯じみた主人公・ななこ、その幼なじみでゲーム好きの茜、ななこLOVEでひとりだけ大学に合格した詩乃、おたくメガネっ娘のまい、大手同人作家でもある予備校教師かなめ、年増キャラの寮母・杏子。
 といったにぎやかな女性キャラ達がおりなす、深刻さや緊張感とは無縁の浪人生活。
 下宿先が神社で巫女服を着て手伝いをするなどという設定を衒いもなくする辺り、如何にもきらら系列の作品といった感じで潔いのではないでしょうか。

 何かもう、登場キャラ皆が受験生として前途多難な感じですが、それなりに悩みつつも楽しげに浪人ライフをエンジョイしてる様子を描いており、絵柄と相俟って明るく華やかであります。いやまあ、実際の浪人生活が、という野暮を言うのはなしにしましょうや。

 あと、2巻目が出る際はタイトルは『ニロー』にはならないらしいです。語呂悪いですし。そういう問題でもないか。

イチロー! 1 (1)イチロー! 1 (1)
未影

芳文社 2007-04
売り上げランキング : 583

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

カラスヤサトシ『カラスヤサトシ』2巻

 平日の昼間、一人でガシャポンの仮面ライダーを戦わせる三十男。
 そんな作者による超個人的経験をつづる4コマ漫画、第2巻。「アフタヌーン」連載中。

 いやー、相変わらず何とも味のある面白さであります。
 描かれているのは、作者の個人的な体験や、身の回りで起きたごく個人的なネタ。
 それらの体験を無造作に取り出して来て4コマに仕立て上げているのですが、その観察眼の鋭さと客観視の仕方がとてもいい塩梅です。

 ごくごく個人的な経験をポンと取り出して見せ、読者をして「こういうことあるよなあ」と「いや、そこまではやらないぞ、普通!」という境界を行き来させる絶妙のバランス。しかも自虐に走るでなく自分はこうだけど、あれ? 変なの? という姿勢がなんか明るい余韻で気持ちが良いのです。

 それにしても担当のT田氏とのギスギスした関係、どこまでがネタ成分なのかは分りませんが、どっちもどっち感が溢れているこの関係と、T田氏のキャラの立ちっぷりがステキ。

カラスヤサトシ 2 (2)カラスヤサトシ 2 (2)
カラス ヤサトシ

講談社 2007-04-23
売り上げランキング : 204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 凡鳥 at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

トニーたけざき『トニーたけざきのガンダム漫画U』

 三分の二くらいがカラー掲載という贅沢な仕様のトニーたけざきのガンダム漫画第2弾。

 って、のっけから素晴らしい反則ワザだ!
 ガンプラ用いての馬鹿漫画の数々。
 ジオラマの生み出す臨場感と、全く正反対の方向を向いた下らない(賛辞)ネタが生み出す化学反応的笑い。ジオラマって普通格好いいじゃあないですか。それをこんなしょうもない(もちろん賛辞)ネタに用いる姿勢に乾杯。

 「ザクは鼻をちぎられると急に弱気になり、中のパイロットは半泣きになる(ジーン症候群)」とか、
 足どころかいろいろなものが足りていない「シャア専用ボール」とか、
 脱げる「ガンダムシューズ」「ガンブラ」「ガンパンツ」とか、
 大変に脱力のセンス。

 おバカなネタに労を厭わず全力投球する様が全く以て素晴らしい。いったいどれだけ手間をかけているんだ、という。ただひたすらに感心し、そして笑うばかりであります。
 巻末のカトキハジメとの対談の中でも

「手を抜いてたらダメですやん。まあ……確かにええ齢して何やってるんやろと思ったりもしますが…」

 とトニーたけざき本人が述べていますが、この「ええ齢して何やってるんやろ」感こそが真髄でありましょう。拍手拍手。

 ガンプラネタ以外にも、「レビルビーム」「おでんで拷問されるコズン少尉」「生身でカタパルトから射出されるアムロ」など数々の下らないネタ満載。いやあ、本当に素晴らしい。

トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2)トニーたけざきのガンダム漫画 2 (2)
トニーたけざき 矢立 肇 富野 由悠季

角川書店 2007-04-26
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

伊藤静『福助』1巻

 祖母を喪い天涯孤独の身となった千晶が遺品整理で見つけた「福助」と書かれた木箱。その箱を開けると小さな男の子が現れた。福を他者に与え、代わりに年を取っていく福助と千晶のささやかで温かい日々が過ぎて行くが、やがてその福助の力を狙う暗い影が射し始める――


 親族を皆亡くし、恋人からも捨てられて独りぼっちになってしまった千晶。お腹に宿った子供とともに「もう一度家族が欲しい」と望む彼女と、純真な福助。不思議な力で福をもたらす福助と不幸の中で強く生きようとする千晶の、ちょっと奇妙な日常が優しく描かれております。
 福助がはしゃいで千晶の仕事を台無しにしてしまったときに、謝ろうとその力を使って庭の植物を生長させる描写や、イヤミな元恋人の母親を追い返した際に真夏の雪を降らせる描写など、何とも幻想的であり、福助の想いが伝わってきて素晴らしいものがあります。

 しかし、力を使う毎に少しづつ歳をとっていく福助。そしてその福助の力を探る人物の影。小さな幸せの日々に兆す不安の影が、ある時を境に一気に二人の日常を塗りつぶし、物語は急転します。1巻の物語の中でこのメリハリの効いた構成は見事。

 千晶のために、そして短いこの世での生活の中で出逢った人のために自分を犠牲にして力を使う福助。無私の愛情がもたらすのは何なのか。「幸せ」を他人に与えるということはどういうことなのか。そもそも幸せとはどういうことなのかを考えさせられます。
 非常にオススメの一作。

福助 1 (1)福助 1 (1)
伊藤 静

講談社 2007-04-23
売り上げランキング : 6348

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

伯林『ふぁにぃみゅうじあむ』1巻

 怪しい品物ばかりを集めた「川口博物館」で、時価300億円という古代ムー大陸の壺を割ってしまい、借金返済のために働く事になった少女・田中由佳(貧乳)。次から次へと妙なモノが運び込まれてきて由佳の受難の日々が幕を開けるのでありました――

 『しゅーまっは』の伯林が「月刊少年シリウス」で連載中の新作。相変わらずのグロと可愛らしさが同居する作風であります。

 「脱水!」のかけ声とともに水分を失ってミイラに変身する幼女や、「焼成!」のかけ声で遮光器土偶になる和風メガネっ娘、「脱皮!」でチュパカブラとなるロリっ娘、「育毛!」のかけ声でイエティになる少女、「吸水!」で巨大なネッシーと化すツインテール娘など、トリッキーにもほどがある布陣。
 更には人型兵器なのに「魔法使い」の少女や、40人の力士を率いる眼帯盗賊少女まで登場し、色々とカオスな感じに。

 可愛らしい幼女達が突如リアル等身のUMA(土偶含む)に変身して無茶をやる、という展開が大変に馬鹿らしくてステキ。この絵柄で身も蓋もない事をやってしまう伯林先生は卑怯(讃辞)だなあ、と思うのです。
 人面魚の兜煮ネタとか、力士のテッポウ隊とかのネタも下らなくて素晴らしい。

ふぁにぃみゅうじあむ 1 (1)ふぁにぃみゅうじあむ 1 (1)
伯林

講談社 2007-04-23
売り上げランキング : 1210

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作:木尾士目 画:小梅けいと『くじびき・アンバランス』1巻

 「げんしけん」からのスピンオフ作品が、ライアーソフトの18禁ゲーム『サフィズムの舷窓』『CANNONBALL』のキャラデザや、成人コミック『花粉症所注意報』の小梅けいとによってコミカライズ。

 くじびきこそが全てという立橋院学園。政治すらも左右するその生徒会の次期会長の座のくじを引き当ててしまったくじ運無し男の千尋、副会長のくじを引き当てた幸運の持ち主・時乃。同じく書記のくじを引き当てた蓮子や、会計の小雪。彼らの学園ライフを描いたドタバタラブコメ。

 「げんしけん」メンバーがハマっていた作品という設定のもと、おたく受けしそうな様々な属性を持たせて巨大学園の中でのラブコメ、という「いかにも」な作品を狙って作り上げております。
 小梅けいとの絵柄もシャープ且つつやつやとしていて大変に華があり、キャラクターが表情豊かに動き回る様はとても楽しい。
 お約束且ついかにもなところを狙っている故か、ストーリー的には若干パンチ力は弱いですが、そこら辺は企画の立ち上がりからして仕方ないところか、と飲み込むべきでしょうか。

 また、木尾士目書き下ろしの『げんしけん』のその後が3ページ収録されておりますが、え、何、斑目君は会社辞めてしまってるんですか!?
 いやあ、リアルだなあ。こう微妙にイヤな感じにおたくのリアルさを突いてきますな。

くじびきアンバランス 1 (1)くじびきアンバランス 1 (1)
小梅 けいと 木尾 士目

講談社 2007-04-23
売り上げランキング : 69

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 凡鳥 at 20:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万城目学『鹿男あをによし』

 神経衰弱気味ではないかと指摘され、気分転換を兼ねて大学院の研究室から二学期限定という約束で奈良の女子校にトばされた主人公。
 初日から生徒達に手を焼き、項垂れる彼の前に現れた人語を操る鹿から「運び番」に選ばれたと告げられるのであった。
 そして鹿から近いうちに起こる災厄を避けるため「サンカク」と呼ばれる神宝を手に入れるよう指示される主人公。
 最初は断ったものの「印」を付けられて鹿の顔になってしまい、それを直すためにやむなく承認することに。
 赴任した高校と京都・大阪姉妹校のスポーツ交流大会「大和杯」の剣道部の優勝プレートが「サンカク」と呼ばれている事を知り、自分が顧問である剣道部を率いて優勝を狙うことに。しかし、相手は59連覇を成し遂げる強豪京都と、その60連覇阻止に燃える大阪。弱小剣道部を率いての戦いが始まる――

 『鴨川ホルモー』(→感想)で第4回ボイルドエッグスズ新人賞を獲得した著者の第2作目。
 不満と鬱屈の中で慣れない高校教師をすることになった主人公。微妙に失敗気味にスタートした教師生活が大和杯に向けて生徒達との交流とともに充実したモノに――というファンタジックな要素を含んだ青春教師スポーツモノで終わるかと思いきや、物語は意外な方向に。ネタバレになるので触れませんが、是非読んで確かめていただきたい。

 キャラクター達も魅力的。リチャード・ギア似の教頭、マイペースな歴史教師藤原君、人間以上に人間くさい鹿(ポッキー好き)、そして、謎の行動が多い女生徒堀田イト。ある者は物語を牽引する鍵となり、あるものは物語の調子を整える名脇役となり、奈良の歴史とどこかゆったりとした空気とともに物語を彩ります。
 特に鹿と主人公のやりとりに漂うユーモアとは素晴らしいものが。

 ただ、キーとなるあるものの名称から、ネタが連想できてしまうのはちょっとマイナスかなあ、とは思います。それを補って十二分な面白さではあるのですが。
 笑いも、手に汗握る緊張感も、そしてちょっと爽やかなラブ要素もあるエンターテイメントな要素が詰まった本作。読み終えた後非常に晴れやかな気分になりました。

 『鴨川ホルモー』に続いてその力量をまたもやはっきりと示した著者の次の作品が楽しみで仕方ありません。

鹿男あをによし鹿男あをによし
万城目 学

幻冬舎 2007-04
売り上げランキング : 152

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

佐原ミズ『マイガール』1巻

 5年前に別れた恋人・陽子を未だに忘れられない笠間正宗、23歳。
 ある日突然その恋人の死を報され、その葬儀の席で彼女には子供がいたことを告げられる。しかもその子は恋人が内緒で育てていた正宗の子だという。
 そして正宗とその娘・コハルは出会い、二人の新しい生活が始まる――

 恋人を失った正宗と、母親を失ったコハル。
 互いに失われた「最愛の人」への想いを介して、少しづつ親子の関係を構築していく二人。その過程を切なく、そして優しく描いております。

 ぎこちないながらも、父親たらんと努力をする正宗と、まだまだ小さいのに母親と死別した哀しみをこらえて、よい子であろうとするコハル。5歳児にしては些か物分かりが良すぎるような気もしますが、そのいじらしさが可愛らしく、そして切ないのです。

 互いに欠けたものを補いながら、家族になっていく正宗とコハル。二人の行く先を温かく見守っていきたい一作であります。

マイガール 1 (1)マイガール 1 (1)
佐原 ミズ

新潮社 2007-04-09
売り上げランキング : 282

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋慶太郎『ヨルムンガンド』2巻

 両親や友人を殺した武器を激しく憎む少年兵のヨナと、私設部隊の一員として彼を迎え入れた武器商人の少女・ココ。戦火の臭いを嗅ぎつけて世界を渡り歩く彼らの旅を描く。

 銃撃を音楽になぞらえる殺し屋コンビ「オーケストラ」との戦いをメインに描くこの2巻。猪突猛進型の大男「師匠」と、彼に密かな想いを寄せ火気管制役を務める少女・チナツ。
 一目を憚らず街中で銃撃戦を開始するオーケストラと、逃れようとするココ達の攻防戦。
 音楽を口にする割には暴力的な師匠と、屈託なく殺しを行うチナツのコンビとココのやり取りが楽しい。

 また、
「この小隊は『殺し合い』なんかやらない。
 やるとしたら一方的な『殺し』。」

 とヨナに教え諭すレームの言葉が、死と隣り合わせのビジネスに生きる者達のハードな世界観を端的に示しております。そういうハードな世界に生きる者達を描きながら、世の中をシビアに達観しつつも人なつこいココ、そのココ萌えのバルメなどの魅力的で面白みのあるキャラ達が物語に華とユーモアを添えております。

 しかし、「パンツ穿いていない」で引っ張ったチナツですが、その理由を知ってしまうと大変に切ないですなあ。

ヨルムンガンド 2 (2)ヨルムンガンド 2 (2)
高橋 慶太郎

小学館 2007-04-19
売り上げランキング : 503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

黒井みめい『キミキス 〜lyrical contact〜』

 「ガンガンパワード」連載の「キミキス」コミカライズ作品。
 ゲームのメインヒロインである星野結美のストーリーをメインに展開。

 「ヤングアニマル」連載の東雲太郎版「キミキス」がエロスを前面に押し出し、元のゲームが持っていた展開のダイナミズムというか、ちょっとソレ大丈夫ですかあなた方はという言動(摩央姉の膝小僧にキスとか)も含めて漫画化しているのに対して、こちらはそういった毒気を抜いて、一人のヒロインとのピュアなラブストーリーとして物語を構成しております。

 攻略対象となるヒロインが複数いるゲームが原作の場合、誰か一人に焦点を当てた時に、その他のヒロインの扱いをどうするかという問題があるわけですが、この黒井版「キミキス」では星野さんと主人公の間にある距離を縮めるイベントキャラとして活用している感じであります。その他ヒロインとの会話やイベントでちょっとづつ星野さんとのハートの距離が近づいていくという。

 その他ヒロインから恋愛モードをバッサリ切って応援役・友人役に徹したことにより、この手のコミカライズにありがちなハーレム状態→一人のヒロインへのエンディングという不自然さがなく、星野さんとの純なラブストーリーとして手堅くまとまっている印象であります。

キミキス~lyrical contactキミキス~lyrical contact
黒井 みめい

スクウェア・エニックス 2007-04-21
売り上げランキング : 139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原作:吉野弘幸 漫画:佐藤健悦『聖痕のクェイサー』2巻

 学園に秘められたイコンの謎を巡り戦う「クェイサー」達。元素を操る彼らの力の鍵は「聖乳」。おっぱいを吸って強くなるのであります。

 というわけで、異能力バトル授乳漫画第2巻。
 この2巻から新キャラ「赤銅の人形遣い」カーチャが本格的に活躍。見た目は可憐なゴスロリ幼女、しかしその正体は銅の元素を操るクェイサー。
 しかもサディスティックな裏の顔を持ち、カーチャを見初めた女子校生・華を奴隷化するという、なかなかに強力なキャラクター。下着無しで学校生活をさせたり、トイレ内に全裸放置でくすぐり刑、緊縛プレイなど、数々の変態プレイが繰り広げられております。
 幼女に服従する女子校生とは、倒錯しておりますなあ。素晴らしい。

 それにしても相変わらず下着姿やおっぱいや授乳シーンなどのサービスが多くて華やかでいいですな。

 なんだかこの紹介だとエロ漫画みたいですが、きちんとバトル漫画ですよ、と一応フォロー。

聖痕のクェイサー 2 (2)聖痕のクェイサー 2 (2)
吉野 弘幸 佐藤 健悦

秋田書店 2007-04-20
売り上げランキング : 33

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 01:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

山口貴由『覚悟のススメ』2巻

 第20話から40話、チャンピオンコミックス版の3話中盤から5巻中盤までに相当する戦術鬼・恵魅、忠義の戦鬼ライ、卑怯千万の血髑郎との戦いを収めた愛蔵版第2巻。
 表紙は散様と強化外骨格・霞。

 うむむ、やはり何度読んでもこの「熱さ」には素晴らしいものがある。覚悟は漫画史に残るヒーローであることだなあ、と強く思うのであります。
 物語はようやく中盤に差し掛かる辺り、正直、全話を通して読んだ後だと後半の大盛り上がりの前に若干勢いが落ちている感もある部分ですが、それでもなお熱く、そして凄まじい。

 さらに巻末には1巻に続いて、71回から100回までの連載時の若先生のコメントを収録。先生の言葉はただひたすらに真っ直ぐで、熱い。

覚悟のススメ 2 (2)覚悟のススメ 2 (2)
山口 貴由

秋田書店 2007-04-20
売り上げランキング : 211

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

「チャンピオンRED」07年6月号

 いやー、本当にこんだけ濃くて狂っている(讃辞)作品が詰め込まれた雑誌は他にないよなあ、と毎号強く思わされるRED。
 お色気率も高いのですが、どれもこれも変態性を帯びているのがまた素晴らしい。

続きを読む
posted by 凡鳥 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

作画:蔵王大志 原作:影木栄貴『春夏秋冬』

 「百合姉妹」「コミック百合姫」に掲載された作品を収めた単行本。読みは「しゅんかしゅうとう」ではなく「はるなつあきふゆ」。
 聖テレジア女学院を舞台に、はるかとあきほ、夏姫と冬華の二組の少女同士のカップルの恋愛模様を交差させて描く。

 クールなメガネっ娘のあきほと、外見は完璧な美少女なのに乳揉み魔というオヤジ体質のはるか(本人は貧乳)。
 同性にもモテモテで、はるかの方からも彼女達にちょっかいを出すのを複雑な想いで見ているあきほ。あまりに他の少女達に触れるはるかに「自分に触らないで」と言ってしまったあきほ。
 こちらは相手に「触れる」ことの意味をキーにして始まる恋愛。

 気弱なお嬢様といった風の冬華と、「オンナオオカミ」と呼ばれるレズ少女の夏姫。転入してきた冬華を見初めた夏姫は彼女をモノにすべく強引に迫るが、男性恐怖症の冬華のトラウマを刺激してしまう。
 こちらは相手との距離がキーとなる恋愛でしょうか。

 一応くっついた夏姫と冬華ですが、なかなかそれ以上に進展しないのを悩んだ冬華があきほに相談。しかし、「女豹」はるかと「オンナオオカミ」夏姫は犬猿の仲でここでまた一悶着あり――

 10年越しに女同士の恋を実らせた先生達の話も差し挟みつつ、過去の経験のトラウマから距離をどう取って良いか互いに分からない冬華と夏姫を軸に、女の子同士の恋愛が孕む不安や、ちょっとしたことから始まる嫉妬、そして純粋な想いを繊細かつ鋭い筆致で描いております。なかなか過激な描写もあり。

 しかし、一番大人しそうなのに、思い詰めたら一途な冬華さんが実は一番アグレッシブでしたとさ。「いっぱい勉強したから」って迫る冬華さんの据わっている目が!

春夏秋冬(仮)春夏秋冬(仮)
蔵王 大志 影木 栄貴

一迅社 2007-04-18
売り上げランキング : 126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 22:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬目景『イエスタデイをうたって』5巻 初回限定版

 発売日は19日ですが、限定版はマルチメディア扱い商品で搬入発売OKのため本日購入。
 4巻の発売からもう3年近く経っているので内容を忘れ気味です。

 シナ子にアタックをかけたものの「友達」の関係でストップをかけられてしまったまま微妙な関係が続いているリクオ。

 年下の幼なじみという関係から抜け出し、一人の男として自分をシナ子に認めて貰いたい、という浪。

 それら二人に申し訳ないと思いつつ、その心地よい関係が壊れるのを恐れ、昔の想い人(浪の兄・故人)を忘れられないでいるシナ子。

 そして、健気かつ前向きにリクオにアタックしているハル。

 4巻ではハルやリクオにちょっかいをかけるキャラクターが登場、それぞれの人間関係を刺激して退場していきましたが、5巻ではハル、リクオ、シナ子、浪らのメインキャラ達の物語に戻り、それぞれの想いが微妙に変化しての第二幕スタート、といった感じであります。

 浪の猛追と覚悟に対して戸惑いを覚えるシナ子。友達として信頼するリクオに相談を持ちかけるが、そのリクオの事も自分でどう思っているか判断が付かない。

 一方、リクオはリクオでそのシナ子の誘いを断ってしまい、その原因がハルの存在なのではないかと思ったりもするという。
 ちょっといい歳した者達の青春戸惑いドラマが展開されております。

 シナ子もリクオも浪も思い悩んでしまうタイプの中、明るくて行動的なハルの存在がますます輝いて見えてきます。

 あと、ハルが働く喫茶店のママの過去にちょこっと触れる話がありますが、いや、ママさん、あんたなんでそんなに可愛いのですか、という。

 ちなみに、限定版と通常版は表紙と扉絵が違っているとのこと。限定版の表紙はメイド服姿でカウンターに座っているのハル。通常版は明日買って確かめます。
 あと、ハルちゃんフィギュアのアレは白かったです。ハイ。 

イエスタデイをうたって(5) 野中晴(ハルちゃん)オリジナルフィギュア付イエスタデイをうたって(5) 野中晴(ハルちゃん)オリジナルフィギュア付
冬目 景

集英社 2007-04-19
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by 凡鳥 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古賀亮一『新ゲノム2』

 変態ロボのパクマンさんと、おっとりエルフのエルエルさん。この二人が毎回「虫」をテーマにドタバタ繰り広げるギャグマンガ。毎回エルエルさんが無理矢理着せられる虫スーツが華やかだったり、キモ楽しい虫の皆さんとパクマンさんのカオスな掛け合いが楽しいったらありません。

 などと説明しなくても、古賀亮一作品というだけでここを見ている人間にはもう説明不要でしょう。
 パクマンのノンストップジェットコースター的ダメ言語が相変わらずすばらしい。
 「なぁなぁ!! スカートってすごくねぇ!? パンツと外気が直接触れ合ってるってさぁ」
 とか常人では考えつかないダメ言語の数々。全く古賀亮一の言語感覚は素晴らしいの一言に尽きます。ダメ言葉の魔術師と言っても過言ではない。
「キンタマつまんだときの効果音ってどんなだと思う!? 俺は断然キュルンキュルンなんだけど」

 それにしても「和菓子の店 いやらし」の店主のじいさんのキモさは異常。

 「コミックメガストア」連載中の本作ですが、エロ漫画誌中のエロなしコミックというと箸休め的にヌルいものが多い中、逆に凄まじい存在感を放っております。むしろメガストアの裏の顔かも知れない。

新ゲノム 2新ゲノム 2
古賀 亮一

コアマガジン 2007-04-19
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



posted by 凡鳥 at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。